■商品説明■

こちらの商品は、日本貨幣商協同組合鑑定書が付いております。
お買い上げプレゼントとして、和同開珎を納める桐箱を差し上げます!

7世紀の天武天皇のころに発行された富本銭に続き、708年、和同開珎が鋳造されました。独自の銭銘をもつ貨幣の鋳造は、東アジアでは中国に次いで早いとされています。それ以後、約250年の間に、12回にわたり国家的に銭貨が鋳造されました。それが皇朝十二銭です。
政府は、財政事情の悪化や銅の枯渇などから改鋳のたびに材質を悪化させたため、通貨価値が急速に悪化し、やがては民衆の銭離れが起きて、10世紀末には皇朝銭鋳造が停止され、再び物品貨幣が主流となる時代を迎えます。

年代:和銅元年(708年)
直径:25.2mm
量目:3.2g
素材:銅

★その他の穴銭・地方貨はコチラでチェック★

超歓迎 日本貨幣商協同組合鑑定書付桐箱付 極美品 和同開珎-硬貨・コイン

超歓迎 日本貨幣商協同組合鑑定書付桐箱付 極美品 和同開珎-硬貨・コイン

日本アセアンセンター 公式Faceboページ≫